転職に伴う運動量の変化で腸内環境が変わった友人の事例

転職に伴う運動量の変化で腸内環境が変わった友人の事例

職場の環境と言うのは、人々の腸内環境と大きく関わっている一面があります。職場の環境次第で、お腹の環境を良くなってくる事があるからです。ちなみに私の友人は、過去にその職場環境によってお腹の調子が変わってきたことがあったそうです。

 

転職によりお通じが改善された友人

 

以前の友人は、ちょっとオフィスワークで働いていたようですね。ところがその職場環境の場合は、あまり運動をする機会がなかったようです。どちらかと言うと椅子に座って働いている事が多い職場だったので、運動量が不足しがちな環境だったようですね。
ある時から、友人はお腹の調子が悪くなってきてしまったようです。ちょっとお通じが悪くなってきているので、何とも困っていたようですね
ところが友人は、ある時に転職をしました。今まではオフィスワークという職種で働いていたのですが、今度は身体をアクティブに動かして働く事になったようですね。それで友人のお腹の環境は、大きく変わってきたのだそうです。以前に比べるとお通じの調子もだいぶ良くなってきましたし、体もだんだんと病気に強くなってきたのだそうです

 

運動の量が増えたので腸内環境が改善された

 

友人のお腹の調子が変わってきたのは、やはり腸内環境が良くなったからだと察します。大腸や小腸の調子が良くなれば、やはりお通じも良くなるでしょう。
そして上記の友人の事例の場合は、ちょっと体を動かす頻度が変わっていますね。以前は身体を動かす事が少なかったオフィスワークから、体をアクティブに動かす仕事に変わっています。それで腸内環境が改善されたのではないでしょうか。
と言うのもお腹の調子というのは、運動量によって左右される一面があるのです。ある程度多くの運動をしている方の場合は、お腹のぜん動運動も活発になっている事が多いようですね。
このように環境が変わると、腸内環境も良くなる事がある訳です。


このページの先頭へ戻る